オール九州 玄海原発再稼働 許さない!

 新松浦漁協は原発再稼働に反対です。事務所壁面には大看板が設置されています。

と き:2017年8月27日(日) 14:00~16:00

ところ:福岡市・警固公園(福岡市中央区天神2-2)

  集会・デモ・九電包囲アピール行動

再稼働はいのちと故郷を奪うもの、

私たちは、玄海原発の再稼働に「同意」しない!

 

※詳しくは下のチラシをご覧ください。

ダウンロード
20170827チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 607.5 KB

2017年7月17日

「オスプレイ&佐賀の平和と未来を語るシンポジウム」報告

    標記シンポが、7月17日(月)午後2時から佐賀市・南川副小学校体育館で開催されました。テレビ局や新聞社の取材も多かったようです。参加者は430人と発表されました。主催者の予想よりも参加者が多かったようで、用意した資料が途中で不足したようでした。シンポジストの発言をほんの一部紹介します。

古賀初次さん 佐賀空港への自衛隊オスプレイ等配備反対地域住民の会会長
「有明海の海苔づくりを引き継ぐ若い漁業者も増えてきた。子どもや孫が安心して暮らしていける川副町にしたいと思っている」

原口一博さん 衆議員議員(民進党)
「今日来られなかった人に伝えて欲しい。①佐賀のことは佐賀で決めよう、②自衛隊オスプレイ配備は米軍の配備訓練と一体である、③配備に係る手当や予算はついていない。対策はマイナス100点だ。私たちは日本版の海兵隊はいらない」

仁比聡平さん 参議院議員(共産党)
「バルーンの飛ぶ佐賀の空を守り、宝の海を守るのが県民の思いであり、絶対に譲ることのできない民意である。国防への協力とは国に従うこと、つまりアベ政治や稲田朋美氏に従うということだ。」

徳光清孝さん 佐賀県議会議員(社民党)
「7月3日の佐賀県議会決議は漁業者を孤立させようとねらうものだ。自民党が公明党を取り込むために、議会運営委は開会後すぐに休憩に入り、議会開会も予定より50分も遅れさせた。来年度概算要求に間に合わせるためにこの決議を挙げさせたのだ」

 漁業者・地権者を孤立させることなくたたかおうという訴えは、会場全参加者の共有するものとなりました。シンポジストの顔ぶれは、オスプレイ配備反対をたたかうオール佐賀、オール九州という陣形の萌芽を感じさせるようにも思えました。

玄海原発再稼働STOP!街宣をやろう!!

と き:7月30日(日) 午後2時~3時

ところ:福岡市中央区天神・天神コア前

お知らせ

玄海原発再稼動STOP!      街宣やろうぜ!!

 玄海原発3.4号機再稼働の動きが急迫しています。私たちは玄海原発の再稼働など、断じて認めません。いよいよ正念場です。再稼働反対の声と行動を大きくしていきましょう!

8月06日(日)午後2時~3時 天神コア前 

※マイクアピールと署名活動、ビラ配りを行います。予定場所が使用できない場合は、近隣の場所で街宣します。

佐賀県知事に玄海原発再稼動不同意を求める署名

(2017年04月24日終了

 

40279

 佐賀県知事は、再稼働不同意を求める4万人もの願い要請を無視して再稼働容認を表明しました。従いまして継続して取り組んでまいりましたこの署名も、4/24日限りで終了とさせていただきます。この間の、みなさまのご協力とご尽力に、深く感謝申し上げます。