2018年3月23日

玄海原発3号機再稼働抗議ゲート前行動

九州電力は、3月23日、7年3カ月も停止させていた玄海原発3号機を再稼働させた。われわれは、このことを怒りをもって断固抗議する!!

  

九電は、川内原発に続き、玄海原発を再稼働させました。しかし、今まで、原発を動かさなくても、電気は足りていました。福島事故後、節電や省エネ、再生エネルギーの活用が進むなかで、九電の販売電力量は下がり続けています。これから人口減が進むにつれ、ますます電力需要は減っていきます。では、なぜ原発を動かすのでしょうか。

原発は動かさなくても、保守点検・維持のために莫大なお金がかかります。燃料費負担の大きい火力発電を止め、太陽光などの再生エネルギーの活用を抑制し、それを原発に変えれば九電は儲けを増やすことができるわけです。一民間企業のそのような利潤追求のために、住民の命やくらしを犠牲にすることなど認められません。

 

住民の命とくらしと財産を守り、平穏な生活を守っていくために、玄海原発の稼働停止と廃炉を求めましょう!


2018年3月18日 いのちと暮らしを守る福岡県集会

 冷泉公園で開かれたこの集会、福岡県下から5000人の結集を得られ、盛況のうちに会を終えることができました。3コースに分かれたデモは、市民の注目を浴びながら元気にコールを繰り返しながら博多、天神の街なかを行進しました。

以下は、集会での「市民の会」からのアピールです。

 

 311日の朝、NHKラジオのドキュメンタリー番組を聞きました。原発事故で避難された40代の女性が支援者に届けた言葉が放送されていました。

 

「廃炉が終わり、病院等が再開されれば、故郷に帰るつもり。でも、夫の介護もあり、火葬代も出せません。何も悪いことなんかしてないのに。夫が死んだら故郷の家に安置し、自分もそこで死に、家に火を放つ予定にしています」と。

 たいへん衝撃的な言葉でした。原発事故から7年が過ぎ、今なお5万人を超える方々が避難を余儀なくされていますが、避難者への支援は次々と打ち切られています。原子力災害対策特別措置法に基づく福島第1原発への原子力緊急事態宣言は、未だ解除されていません。福島原発事故は、今も続いているのです。にもかかわらず、安倍政権は、放射線量が年20ミリシーベルトを下回る区域の避難指示を解除し、避難者を帰還させています。日本国民一般の放射線被ばく限度は年間1ミリシーベルトです。原発事故避難者に対してだけ、その20倍もの基準を設け、放射線管理区域であるレントゲン室と同様の環境の中で子供を産み、育て、暮らし、生きていけと、言っている訳です。このような政治は許されません。

 

  3月23日()、九州電力は玄海原発3号機を再稼働させようとしています。その差し止めを求める仮処分の決定が、三日前の3月20日(火)、佐賀地裁において出されます。ここで再稼働差し止めが認められず、九電が再稼働を強行するようであれば、私たちは3月23日()、玄海原発現地や九電本店前、さらには各地の九電支店前で、怒りの抗議行動を大きく展開していきましょう。住民の命と暮らしを危険にさらす九電の暴挙を見過ごしてはなりません。

 世界は再生可能エネルギーへと舵を切り、脱原発は世界の趨勢です。原発に未来などありません。みなさん、力を合わせましょう!「原発のない社会」づくりをめざして、ともに頑張りましょう!


2018/02/16玄海3号機燃料装荷反対行動

 玄海原発正門前には、市民団体、民主団体、政党の多くのみなさんが結集されました。その前を幾台もの大型バス、マイクロバス、ワゴン車、タクシーが通り過ぎ、構内に入っていきました。車両のフロントには、西日本プラント工業、三菱重工などの会社名を記したボードを掲示しています。2~3000人もの労働者がここで働いていると言われています。配備された警備会社職員が歩道にコーンを並べ、通行人の通路を確保するという名目で私たちを歩道からも排除しようとしましたが、そのような権限が彼らにあるはずもなく、私たちは道路真横に陣取り横断幕を広げ、幟を掲げ、装荷反対抗議の行動を貫徹しました。9時には九電社員が私たちが陣取るそばにあるあずまやを訪れ、装荷中止、再稼働反対の要請書を受け取りました。


2500人が結集!

オール九州 玄海原発再稼働 許さない!

2017年8月27日、「原発いらない!九州実行委員会」の主催で、標記集会が開かれました。九州各地、東京、韓国などから玄海原発再稼働に反対する多くの人々が結集しました。集会後は、歩道と車道の二つのコースに分かれ、コールをしながら九電本店までのデモをこないました。

 九電本店前では歩道に座り込み、1時間弱のアピール行動が行われました。九州各地、政党議員のスピーチには大きな拍手が送られました。また、参加者全員による「玄海原発再稼働反対」「原発いらない」「川内原発今すぐ止めろ」「九電変われ」などのシュプレヒコールが繰り返し九電本社に向けてたたきつけられ、多くの市民から注目を浴びていました。

 

と き:2017年8月27日(日) 14:00~16:00

ところ:福岡市・警固公園(福岡市中央区天神2-2)

  集会・デモ・九電包囲アピール行動

再稼働はいのちと故郷を奪うもの、

私たちは、玄海原発の再稼働に「同意」しない!


2017年7月17日

「オスプレイ&佐賀の平和と未来を語るシンポジウム」報告

    標記シンポが、7月17日(月)午後2時から佐賀市・南川副小学校体育館で開催されました。テレビ局や新聞社の取材も多かったようです。参加者は430人と発表されました。主催者の予想よりも参加者が多かったようで、用意した資料が途中で不足したようでした。シンポジストの発言をほんの一部紹介します。

古賀初次さん 佐賀空港への自衛隊オスプレイ等配備反対地域住民の会会長
「有明海の海苔づくりを引き継ぐ若い漁業者も増えてきた。子どもや孫が安心して暮らしていける川副町にしたいと思っている」

原口一博さん 衆議員議員(民進党)
「今日来られなかった人に伝えて欲しい。①佐賀のことは佐賀で決めよう、②自衛隊オスプレイ配備は米軍の配備訓練と一体である、③配備に係る手当や予算はついていない。対策はマイナス100点だ。私たちは日本版の海兵隊はいらない」

仁比聡平さん 参議院議員(共産党)
「バルーンの飛ぶ佐賀の空を守り、宝の海を守るのが県民の思いであり、絶対に譲ることのできない民意である。国防への協力とは国に従うこと、つまりアベ政治や稲田朋美氏に従うということだ。」

徳光清孝さん 佐賀県議会議員(社民党)
「7月3日の佐賀県議会決議は漁業者を孤立させようとねらうものだ。自民党が公明党を取り込むために、議会運営委は開会後すぐに休憩に入り、議会開会も予定より50分も遅れさせた。来年度概算要求に間に合わせるためにこの決議を挙げさせたのだ」

 漁業者・地権者を孤立させることなくたたかおうという訴えは、会場全参加者の共有するものとなりました。シンポジストの顔ぶれは、オスプレイ配備反対をたたかうオール佐賀、オール九州という陣形の萌芽を感じさせるようにも思えました。

 

2017年6月28日 九電株主総会会場前街宣

 九電株主総会のこの日、私たち市民の会は8:30から10:00までの会場前街宣を呼びかけました。

 開始の時間になると雨も止み、参加者も次第に増えてきました。チラシが濡れることも気にする必要もなくなりました。脱原発・反原発をたたかう消費者株主の会のみなさんも、会場前で気持ちのこもったマイクアピールをされていました。市民の会は、横断幕を広げ、幟を立て、メーッセージボードを手に持ってスタンディングをしながら、用意したチラシを株主のみなさんや、通行人の方々に手渡し、反原発・脱原発をアピールしました。

 開会時刻が近づき、消費者株主の会のみなさんが会場入りされるときには、激励と応援のコールを送りました。みなさんは私たちに手を振って応えながら入場されました。その後の30分間ほどは、交代でマイクアピールを行いました。終了後の短いふりかえりの場で久留米から参加されたTさんが「また、来年も来ましょう!」と元気な声で発言されました。その言葉にみんなで笑い、共感しながら当日の行動を終了していきました。

 

2017/05/13~15   復帰45年沖縄行動

 復帰45年を迎える今年の「5.15」、私たち市民の会は13日~15日、県民大会参加や平和行進への参加、基地視察、キャンプシュワブゲート前行動などを内容とした「沖縄行動」に取り組みました。

復帰45年平和とくらしを守る県民大会

 14日、瀬嵩(せだけ)の浜で開催された大会には、県内外から2200人が結集しました。5カ月余りも不当拘束された山城さんも元気な姿を見せられ、いつものように歌を歌い、力強いガッツポーズを見せてくださいました。名護市長稲嶺氏は、自宅から会場までを1時間半ほどかけて「ピースランをしてきました」と話をはじめられました。辺野古基地建設反対のゆるぎない信念を語られ、そこからは来る市長選へ向けての新たな強い決意が感じられました。

 浜近くの海では、カヌー隊や抗議船のメンバーが会場参加者を見守るようにしながら参加していました。そして、平和行進が始まると、行進する参加者に随伴するように海を移動し、平和行進の参加者を激励してくれました。


高江n1テントとn1裏

 辺野古浜テント訪問後、高江のN1ゲート前テントを訪問しました。現場には、手を腰に回したアルソック職員がただ立ち尽くしていました。テントで現状を説明された伊佐さんは「ヘリパッドは完成していないので、まだ米軍に提供されていない」と言われました。住民の会のみなさんは粘り強くたたかっています。

 N1裏テントには男性が一人常駐され、工事の監視活動をされていました。


ゲート前

 15日(月)は、のキャンプシュワブゲート前の座り込み行動に参加しました。警察・機動隊は、県民大会の翌日ということで座り込み行動参加者が多いと見越し、通常より早く8時40分には「ごぼう抜き」を始めました。この日は参加者も多く、40分間工事車両の入門を遅らせたということでした。

 そのあとは、あらためてゲート前に座り集会を始めました。福岡からの参加者は、二つの横断幕を広げて参加者の前に立ち、代表者が福岡での行動を報告しながら、今後のたたかいの決意を表明しました。


普天間基地・嘉数高台公園

 嘉数は、日本軍と米軍との激戦がたたかわれたところです。高台公園に通じる階段横には、当時の戦闘の弾痕跡が残る壁が展示されています。階段を登りきると、いくつかの石碑が見えます。嘉数の戦闘では、日本軍に徴用された朝鮮半島出身の軍人軍属386人が亡くなっています。「青丘の碑」は、その慰霊のために建立されたものです。「京都の塔」は、同じく嘉数の戦闘で亡くなった京都府出身者2千5百余人のご冥福を祈るために建立されたもので、毎年、慰霊追悼祭が開催されているとのことです。

 展望台にのぼると、米軍海兵隊の普天間飛行場が見えます。欠陥機オスプレイが24機配備されています。そのうちの1機が昨年12月、名護市安部(あぶ)の海岸に墜落しました。嘉手納飛行場の空軍給油機との異軍合同訓練の際に起きた墜落事故でした。

 オスプレイは、沖縄にも、日本のどこにもいりません。米軍基地はいりません!辺野古新基地建設に反対し、南西諸島の軍事拠点化・軍事要塞化に反対しましょう!


2017年4月24日 知事再稼働同意抗議行動

 「山口知事の再稼働容認に反対する県民有志」のよびかけに応え、「市民の会」も標記行動に参加しました。

 佐賀県庁1階ロビーに集まった参加者は、午後1時で40人。主催者は、知事もしくは責任ある立場の方にロビーにおいでいただき、みなさんの前で要求書を提出しようと関係部署と粘り強く交渉を重ねました。数度の電話やり取り、代表者7人を立てての直接折衝に、1時間半以上を費やしました。知事会見が始まる3時直前に、11階4号室で、新エネルギー産業課主査に手渡すことになりました。それも人数制限がありましたが、私たちはそれをはねのけるかたちで全員がその場に立ち会いました。要求書提出時間はわずか8分間。要求書を会見前に知事に渡し、読んでもらうために担当者を急かせて追い出すようにしてその場を終了させました。

 その後、参加者は会見を見守り、抗議文を提出する者と、玉屋前で同意を抗議し街宣をする者に別れて行動を続けました。「市民の会」は街宣に加わり、マイクアピールや、再稼働弾劾のビラ配りをしました。

 知事が同意はしても、原発はまだ動いていません!あくまでも再稼働阻止をめざし、できることすべてをやり抜きましょう!


2017年4月23日 4.23沖縄行動in福岡

 安倍政権は、大浦湾への石材投入というかたちで、新基地建設の強行の新たな局面をつくりだしています。この日、警固公園にはたくさんの参加者が集い、公園にいる多くのみなさんの注目の中、集会が始まりました。まず、辺野古基地建設反対のたたかいの報告・発言がありました。次いで、原発再稼働反対のたたかい、佐賀空港軍事空港化反対のたたかい、共謀罪反対のたたかい等に言及しながら、その勝利に向けてアベ政治を終わらせていくという強い決意などが述べられ、行動への参加が呼びかけられました。

 集会後、参加者は天神1周デモに出発しました。「戦争の基地はいらない!沖縄・辺野古・高江にも」の横断幕を掲げた主催者や少女を先頭にして、150人の参加者の意気軒昂なシュプレヒコールが周辺のビル街に響き、街頭を行く人々の注目を浴びました。デモ隊列に笑顔を見せながら手を振ってくれる女性や途中からデモに加わる方もありました。

 


2017年4月19日 知事・社長面談緊急抗議行動

 この日、玄海原発エネルギーパークにおいて山口佐賀県知事と九電瓜生社長の面談がありました。そのことが前日わかり、佐賀の諸団体から緊急の抗議行動が提起されましたので、私たちもその行動に参加しました。佐賀県や福岡県からの参加者60名ほどが、抗議のマイクアピールや再稼働反対のシュプレヒコールを行いました。知事は原発視察、社長との面談、経産相との面談の三つのプロセスを経てから最終判断を示すとして、そのプロセスを着々と進めています。しかし、山口知事の言うところの「安全性の確認」や「住民・県民の理解」など何も得られていません。再稼働ができる条件などありはしません。私たちは、あくまで再稼働の不同意を知事に求めましょう!

 そもそも、原発に未来などありません。私たちが反原発をたたかう限り、私たちは「原発のない社会」をより手繰り寄せることができるのだと思います。まだまだやることはあります。「再稼働反対!」をあらゆる水路から発していきましょう!これからも「原発のない社会」づくりをめざして共に頑張りましょう。         


不同意署名終了の報告とお礼

佐賀県知事に玄海原発再稼動不同意を求める署名

(2017年04月24日終了

 

40280

 佐賀県知事は、再稼働不同意を求める4万人もの願い要請を無視して再稼働容認を表明しました。従いまして継続して取り組んでまいりましたこの署名も、4/24日限りで終了とさせていただきます。この間の、みなさまのご協力とご尽力に、深く感謝申し上げます。 

2017年4月10日 「不同意を求める!署名」追加提出

【申し入れ】
 私たちは、地方自治体の最も基本的で重要な任務は、住民の命を守り、くらしを守り、財産を守る ことにあると考えます。また、その政策決定は他の自治体住民のそれらを脅かすものであってはな らない、とも考えます。原発立地自治体首長である山口祥義知事におかれましては、そのような任務 をしっかりと踏まえ、自らの職責を果たしていただきますようお願い申し上げます。
 私たちは、あらためて貴職に求めます。
 玄海原発 3,4 号機の再稼働に、絶対に同意をしないでください。

4月10日、追加署名2121筆を提出しました。署名総数39684筆!

 佐賀県庁において、再稼働不同意署名の追加提出と申し入れを行いました。戦争と原発のない社会をめざす福岡市民の会と玄海原発対策住民会議、脱原発!いとしまネットワークの3団体が参加し、日本共産党佐賀県議会議員のお二人に同席いただきました。佐賀県からは、新エネルギー産業課、原子力安全対策課、消防防災課の3課の対応でした。
 冒頭に、署名の提出をし、文書での申し入れを行ました。次いで、参加者からそれぞれの思いを交えて再稼働不同意の申し入れを行っていきました。
 提出後は議会棟の1室に移り、お二人の県議から議会の情況や様子をお話いただきました。私たちの方からもいろいろな話をさせていただきました。お二人には、真摯に耳を傾けていただきました。
 そして11時過ぎからの約1時間、「くすの栄橋」の上でドライバーや通行人の方々に「再稼働に反対を!」「山口知事に再稼働不同意の要請を!」などのアピールを行いました。
 原発推進派は追い詰められています。避難計画づくりを義務付けられた30キロ圏8市町のうち壱岐市、松浦市、平戸市、伊万里市の4市長が、再稼働反対を表明しました。原発に未来はありません。私たちが反原発をたたかい続ければ続けるだけ、そのたたかいを大きくすれば大きくするほど、私たちは「原発のない社会」を、より手繰り寄せることができます。
 みなさん! これからも共に頑張りましょう!

 


2017年2月17日 不同意署名3万7563筆提出

 署名実行委員会の8団体代表は、2月17日、佐賀県庁で副知事に面会し、37563筆の署名を提出しました。

 署名提出者は「私たちは、原発事故を二度と再び繰り返したくありません。私たちは、これ以上、放射能の負の遺産を未来世代に残したくありません。私たちは、放射能におびえることなく、平和で平穏な生活を送りたいのです。だから、私たちは、玄海原発の再稼働に反対します。」「佐賀県外に住む者も原発問題の当事者です。」と述べました。そして「福島原発事故と同様な事故を起こした場合、佐賀県はもとより佐賀県外へも甚大な放射能被害をもたらしかねない玄海原発34号機について、その再稼働に同意しないことを貴職に求めます。」

と要請し、署名を手渡しました。副知事は「知事にしっかりと伝えたい」と応えました。

 佐賀県内で、再稼働に向けての動きがすさまじい勢いで進んでいます。漫然と見過ごすことなどできません。私たち再稼働不同意署名の運動勢力が大きく反撃しようではありませんか!

ダウンロード
声明.pdf
PDFファイル 137.2 KB
ダウンロード
署名のお礼と報告.pdf
PDFファイル 726.7 KB

2016年7月31日 「原発はいらない!玄海町のみなさんのおはなしを聴く会」

 標記講演会を福岡市早良市民センターで開催しました。各地から多数の参加を得て、質疑・意見交流も活発に行われました。

 右は、当日配付しましたプログラムほかの資料です。

ダウンロード
プログラム等当日配付資料.pdf
PDFファイル 1.0 MB